2008-07-23

志賀高原

志賀高原の渋池 おもわず歓声が…
木の根の合間に作られた蜘蛛の巣露で真っ白になってそのうえに水玉がめずらしい現象だという

光ゴケがきれいにみえるがなかなかうまく撮れません。
すがすがしい空気の中一歩足をふみだすたび目に飛び込んでくる感動の渦。自然の営みの不思議な現象、うまく伝えられないもどかしさ。疲れたけれどいい日でした。


6 件のコメント:

ちょろ さんのコメント...

自然の力はすごいですね!
そのすごいものを写真で表現するなんて恐れ多いことです。
でもそれが出来ていていいなぁ・・・
私も日々勉強しなくては・・・

doratya さんのコメント...

昨日はお世話になりました。四十八池のちとうの景観の良さ、目をみはるものがあります。ヒカリゴケの細かいのを良く捉えましたね。素晴らしいです。志賀の自然の懐の深さに感動しました。

さんのコメント...

昨日はお世話になりありがとうございました。

やっぱりスゴイね!
とても感動しました。どんなものにも心を注ぐ姿に・・・
とても刺激を受けました。ありがとう!

Hanon さんのコメント...

 水鏡・・きれい!
aotamaさんの被写体に向ける目はすごいよ。
伝わってきます、私のお手本です。

 ガイドさん付きのトレッキングなんて最高ですね。
スケジュールの都合で参加できず残念でした。
でも、10キロ歩けたかな?と思うと自信がない。
 下界も暑い日でした。
ボラで頑張っていましたよ。

スヌーT さんのコメント...

先日はお世話になり有難う御座いました。

凄い写真…自然の力強さを感じます…
こつこつ勉強していかなくてはと
つくずく思いました。

kokoro さんのコメント...

志賀高原には幾つか美しい池があるようですね。
水鏡の写真綺麗!
自然の不思議な現象にも目が向く感性凄い~
デジカメサークル楽しそう!いいな~